AGA・薄毛に亜鉛は効果があるのか?衝撃の効果まとめ

薄毛原因の一つが、栄養不足だと言われています。

その中でも、特に「亜鉛」が足りないとハゲるという話を聞いた事はありませんか?

今回はその亜鉛についてまとめてみました。

亜鉛とは

亜鉛は鉄製品が錆びない様にメッキに使用されたりしますが、実は必須ミネラルの一つとされており、人体に取っては必要不可欠なんです。

(必須ミネラルは他に、鉄・銅・マグネシウムなんて物もあります。)

人体における亜鉛

人体においての亜鉛の役割が以下の通りです。

  • 免疫機能の補助
  • 傷の治癒
  • 精子形成
  • 味覚感知 等

人体にとって非常に大切なミネラルなんですね!

特に亜鉛が足りないと味覚が鈍感になってくるなんていう話は昔から聞いたことがあります。

では、亜鉛の摂取が足りないとどのような弊害が出てくるのでしょうか?

亜鉛欠乏症

亜鉛が足りない原因としては、単純に亜鉛を含む食材の摂取量が足りない。

また、鉄分や銅と一緒に摂取すると、体内への吸収量が減ると言われています。

さらに、食物繊維を取りすぎている場合、亜鉛と結合し、小腸での吸収を妨げるとされています。

結果として、以下のような症状が出ます。

  • 味覚障害
  • 精子減少
  • 貧血
  • 皮膚炎
  • 傷の治癒遅延 等

ちなみに、適正摂取量として、男性平均は10mgとされています。

食材の中でも含有量の多さ1番なのが牡蠣とされています。

他にも牛肉や、豚肉も十分含まれています。牡蠣を毎日食べるのは大変だと思いますが、お肉なら大丈夫そうですよね。

また意外とチーズも含有量が多いみたいです。

参考:亜鉛の多い食品と、食品の亜鉛の含有量の一覧表 | 簡単!栄養andカロリー計算

最近では亜鉛サプリなどもありますが、普段の食事+サプリを摂取した場合、男性平均摂取量の10mgを超えてしまう場合があります。多い分には良いのでしょうか?

では、次に過剰摂取した場合の弊害を見てみましょう。

亜鉛過剰症

亜鉛をサプリメント等で過剰摂取した場合、以下の症状が現れる場合があります。

  • 急性亜鉛中毒(めまい・吐き気等)

また、継続的に過剰摂取が続いた場合は、鉄欠乏・銅欠乏を引き起こし、免疫障害や、貧血の原因になります。

短期間で過剰に摂取した場合は、めまい・吐き気を催すとされています。

体に必要だからと言って、たくさん摂取すれば良いというわけではありません。

髪における亜鉛の必要性

では本題です。

人体に亜鉛が必要な事は分かりましたが、髪にはどのような影響があるのでしょうか?大きな理由として以下が挙げられます。

  1. 髪の90%を形成するケラチン合成の役割を担っている。
  2. 男性ホルモンを悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変化させる酵素を抑制する。

髪の毛は10%の水分と、90%のケラチンというタンパク質で形成されています。

このケラチンを合成する為に必要な成分が亜鉛というわけです。

つまり亜鉛が足りないと、髪の毛をそもそも作ることが出来ず、薄毛の原因になってしまうという事です。 

また、AGAの原因である悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を生成する酵素(5αリダクターゼ)の活動を抑制する効果があり、AGAにも効果があるという事です。

 うーん。非常に重要な栄養素であると言えますね!

ただし、前項でも述べていますが、必要な摂取量というのは定められており、闇雲にサプリメントで摂取すれば良いというわけではありません。過剰症になり、「めまい・吐き気・貧血」になっては元も子もありません。

普段の食事を見直し、足りない分をサプリメントで摂取すると良いでしょう。

ちなみに、私もサプリメントを毎日飲んでいますが、亜鉛だけではなくマルチビタミンを飲んでいます。これなら他のビタミン・ミネラルもバランス良く摂取することが出来ます。これは海外製品ですが、国内のネイチャーメイドと比べると、成分・価格がお得になっていてオススメです。

ネイチャーメイド マルチ フォーマン(MULTI For Him)

まとめ

  1. 亜鉛は、人体必須ミネラルである。
  2. 欠乏すると、髪が生えない(作られない)だけではなく、味覚障害・精子減少・貧血・皮膚炎等、様々な健康障害を引き起こす。
  3. 逆に過剰摂取しても、めまい・吐き気等の健康障害を引き起こす。
  4. バランス良く摂取するため、普段の食事を見直すと共に、足りない分をサプリメントで補うと良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です