朝シャンでハゲない為の3つのポイントとは!?正しいやり方教えます!

朝シャンとは?

朝シャンとは、朝起きてから髪を洗い流す事を言います。

シャワーに限らず、洗面台で頭を洗い流す人も居るのではないでしょうか?

私も中学生の頃、寝癖の頭では学校へ行くのが恥ずかしいため,洗面台で急いで髪を洗いドライヤーで乾かしてから学校に行っていた経験があります。

思春期の頃は異性の目が気になりますし、ワックスを付けたりするのも中学生ぐらいからですよね!

この頃はワックスの使い方も分からず、とりあえず髪を逆立ててドラゴンボールのサイヤ人みたいな頭の子が居たことを思い出します。笑

なぜ朝シャンをするのか?

学生・社会人問わず朝シャンをする人は多いと思います。

皆さんどうして朝シャンをするのでしょうか?

  • 帰りが夜遅かった為、お風呂に入れなかった。
  • 寝癖のついた頭で外出したくない。
  • 頭の臭いが気になる。
  • 汗を流してサッパリしたい。

以上のような理由があると思います。

これは私個人の理由ですが、

寝癖のついた臭い頭で会社に行きたくない!気になっているあの子にダサい・臭いと思われたくないし、単純に人目が気になる!

結局の所、人目が気になるんですよね。ダサいと思われたくないとか、臭いと思われたくないとか・・・。

このような理由から朝シャンをする人が多いと思いますが、

実は朝シャンはハゲの原因になると言われています!

ダサいと思われたくないからやっている朝シャンで、ハゲてしまっては意味がないですよね・・・。

しかし、なぜ朝シャンはハゲると言われているのでしょうか?

朝シャンでハゲる4つの原因

  1. 必要な皮脂を洗い流してしまう
  2. すすぎが甘く、シャンプーが頭皮に残る
  3. 雑菌が繁殖する
  4. 皮脂の過剰分泌
こんなに原因あるんかいな・・・

必要な皮脂を洗い流してしまう

朝シャンは寝汗も流せるし、頭皮もサッパリして気持ちいいですよね?

しかし、その気持ちよさの反面、頭皮に必要な皮脂を全て洗い流してしまっている可能性があるんです!

皮脂は紫外線から頭皮を守ってくれる作用があります。ですが、朝シャンによって洗い流された状態ではモロに頭皮を直撃し、ダメージを与えてしまうんです。

その結果、頭皮が赤く炎症を起こした状態になり、抜け毛の原因になってしまいます。

すすぎが甘く、シャンプーが頭皮に残る

朝シャンを優雅にゆっくりと浴びている人って少ないのではないでしょうか?

朝はギリギリまで寝ていて、学校・会社に遅刻しないように急いでシャンプーを済ませていませんか?それって、すすぎが甘くなり、シャンプーが頭皮に残ってしまっている可能性があります。

シャンプーには洗浄成分として、界面活性剤が入っています。

食器用洗剤や、洗濯用洗剤に含まれている物と同じです。それを頭皮に残した状態で朝から夜まで過ごすのって、想像すると凄く怖くありませんか?考えるだけで頭皮がヒリヒリしてきます。

つまり、シャンプーが残った状態は頭皮にダメージを与えてしまい、頭皮の炎症・抜け毛の原因になってしまいます。

雑菌が繁殖する

あなたは朝シャンをする時に「パッと洗ってサッと乾かして、急いで外出!」なんて事ありませんか?

実は髪をしっかりとドライヤーで乾かさないと、頭皮に雑菌が繁殖してしまう可能性があります!

本来頭皮は、適度な皮脂と常在菌によって雑菌から守られているんです。しかし、朝シャンをする事によって全て洗い流されてしまいノーガード状態となります。

そこで髪が湿った状態のまま放置すると、雑菌がどんどん繁殖してしまうんですね。

想像するだけで怖いですね・・・。

皮脂の過剰分泌

頭皮は本来適度な皮脂によって、紫外線や雑菌から守られています。

しかし、朝シャンする事によって皮脂が流されてしまうと、体の防衛本能から「もっと皮脂を出せ!!」と皮脂が過剰分泌されてしまう可能性があります。

「多くても皮脂は紫外線や雑菌から守ってくれるから問題ない」と思う方もいるかも知れませんが、皮脂が過剰分泌すると以下のリスクがあります。

  • 皮脂の過剰分泌により、頭皮がさらにベタ付く
  • かゆみや臭いに悩まされる

 

べた付きを洗い流し、臭いを消したいのに逆効果になってるんです!

これを解消する為に、またシャンプーをする・・と悪循環になってしまい、頭皮環境がどんどん悪くなってしまいます・・・。

以上の4つの理由から、朝シャンはハゲる原因と言われています。

 朝シャンでハゲない為の3つのポイント

そもそも朝シャンを止めるのが一番だと思いますが、そうはいかないですよね。

ハゲるリスクを減らす為に、以下の3つのポイントがあります。

  1. 湯シャンをする
  2. 丁寧に洗い流す
  3. しっかりと乾かす

 湯シャンをする

朝シャンのリスクとして、

  • 頭皮に界面活性剤が残る
  • 皮脂を全て洗い流してしまう

という話をしました。

つまりシャンプーを使わず、お湯だけで髪を洗い流せば2つの問題が解決されます。

(水でも良いですが、冬だと風邪を引いてしまうかも・・・クシュン!)

お湯だけでも寝癖を直せますし、皮脂を洗い流す事もないため紫外線のダメージも防ぐ事が出来ます。

丁寧に洗い流す

どうしてもシャンプーを使って髪を洗い流したい方も居ると思います。

例えば、夜お風呂に入っていない方や、どうしても頭皮の臭いが気になるなど・・・。

そのような時は、難しいかもしれませんが「時間をかけて丁寧に洗い流す」事を意識してください。

具体的には、シャンプーで髪を洗っている時間よりも長く洗い流すと良いとされています。

(例:5分髪を洗ったら、5分以上洗い流す)

しっかりと乾かす

髪が半乾きの状態だと、雑菌が繁殖する可能性があります。

そのような状態を防ぐ為、しっかりとドライヤーを使い髪を乾かしましょう!

「ドライヤーを使うと頭皮の乾燥が気になる・・・」という方は、保湿力のある育毛剤を塗ってからドライヤーの冷風で乾かすとバッチリです。

育毛剤は保湿力があり、フケ・かゆみを防ぐ『プランテルEX』 がオススメです。

朝に時間のない方は「湯シャン」を、時間に余裕を作れる方は「丁寧に洗い流し、しっかり乾かす」事を意識すると、ハゲるリスクをグッと下げる事が出来ます!

実はハゲる原因は朝シャンだけではありません。

 

 

まとめ

  • 朝シャンをすると、「頭皮に洗浄成分が残る」「皮脂を全て洗い流してしまう」といった、頭皮環境を悪化させるリスクがあります。
  • 皮脂の過剰分泌により、頭皮がさらにベタ付いたり、かゆみ・臭いがより一層キツくなってしまうリスクがあります。
  • 朝シャンをする時は「湯シャン」で行う。または時間に余裕を持って「丁寧に洗い流し、しっかり乾かす」ことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です